毎日のお役立ち情報

毎日の生活でちょっと気になることを深掘り!

年賀状

年賀状を元旦に届けるにはいつまで投函?到着期限の目安も紹介

投稿日:2018年10月22日 更新日:

こんにちは!

12月に入るといろいろなデザインの年賀はがきが販売され
「あ、そろそろ年賀状書かなきゃな~」
なんて思いますよね。

ですが、年末は何かと忙しくなかなか時間が取れない方も多いのではないでしょうか。

書こう書こうと思っているうちに気づけば年の瀬。
「元旦に届くかな!?」
と焦ることもありますよね。

この記事では、

  • 年賀状を元旦に届けるにはいつまでに投函するといい?
  • ギリギリでも元日に配達してもらうには?
  • いつまでに届けば失礼にならない?

という疑問についてまとめています。

忙しい中でも年賀状のやりとりはきちんとしたい・・・!
そんな方はぜひ参考にしてくださいね♪

スポンサーリンク

年賀状を元旦に届けるにはいつまで投函する?

年賀状を元旦に確実に届けるには
決められた受付期間中に投函する必要があります。

配達する距離や特別な方法でギリギリでも元日に届けることはできますが
やはり年末年始は郵便局も大忙しですので
公表されている投函期限を過ぎて出した年賀状は
「元日に届かないかもしれない」ということも覚悟しておきましょう。

元旦に届けるための投函期限

年賀状の引受期間は12月15日から25日までです。

25日までに投函された年賀状は元日に配達してもらうことができますので
余裕をもって投函するようにしましょう!

ただし、15日よりも早く投函したものは「普通郵便」の扱いになり
翌日に届いてしまったりもしますので
早すぎる投函にも注意です。

引受期間と書きましたが、もちろんこの期間を過ぎても
年賀状を送ることができます。
(元日に間に合わない場合もあります)

ポスト投函する場合は、最終集荷時間を確認し
25日の最終集荷時間に間に合うように投函しましょう。

25日の夜遅い時間に投函しても集荷されるのは26日の朝になるので
配達の距離によっては元旦に間に合わない場合もあります。

距離によってはもう少し遅くても大丈夫

日本郵政のホームページによると、25日を過ぎて投函されたものでも
なるべく元日に届けられるように配慮する旨の説明があります。

ただ、これは確実に約束できるものではないので
必ず元旦に間に合わせたい場合には25日までに投函するようにしましょう。

投函の目安
近隣都道府県なら27日まで
同一県内なら28日まで
同一市内なら29日まで

区分けを行っている大きな郵便局に直接持ち込むのもおすすめです。

ギリギリだけど元日に届けたい場合

年末いろいろと忙しく、年賀状がギリギリになってしまった!
でも、元日に届けたい・・・。

そんな時は奥の手があります!

大きな郵便局にある、「ゆうゆう窓口」に持参し
速達配達日指定で送るというものです。

追加料金はかかりますが、元旦に間に合わせることができます。

この方法で送ると「速達」などのスタンプが押されるので
少し目立ってしまうのがデメリットです。

私がそういう年賀状を受け取ったら
「わざわざ速達にしてまで元旦に間に合わせてくれたんだ~!」
と嬉しくなりますが、
人によっては
「ギリギリに慌てて速達なんて計画性ないな~」と思う方もいますので
相手によっては使えませんね><

スポンサーリンク

年賀状の到着期限はいつまでなら失礼にならない?

年賀状の準備が遅くなってしまって元旦には届きそうにない!とか
送ってない相手から届いたから返事しなきゃ!ってこともありますよね。

2日は年賀状の配達がお休みなので、
元旦に間に合わなかった年賀状は3日から順次届けられます。

三が日に届いた年賀状には
(私の場合は)特に「遅れて届いた」という感覚もなく
嫌な印象も持ちませんが、
それ以上はどうでしょうか。

あまり遅くなってしまうと相手に違和感を持たせてしまいますよね。

一般的に年賀状は1月7日までに届くように送ります。
お正月の門松を飾っておく期間ですね。

それを過ぎると、もう学校や仕事も始まっていて
普通の生活になりお正月気分ではなくなります。

そんなときに年賀状が届いても
「今頃年賀状・・・?」と困惑してしまいますよね^^;

なので、事情があってかなり遅くなってしまいそうな場合には
年賀状ではなく「寒中見舞い」を出しましょう。

寒中見舞いは年賀はがきではなく普通の官製はがきを使うのがマナーです。

寒中見舞いには「あけましておめでとう」とか「謹賀新年」とか
新年を祝う文言ではなく、相手の体調を気遣う文面にします。

「年賀状ありがとう」
「年賀状遅れなくてすいません」など簡単に付け加えるといいでしょう。

スポンサーリンク

年賀状はいつまで? まとめ

・元旦までに届けるには12月15日から12月25日までに投函。
・ポストに投函する場合は最終集荷時間をチェックしておく。
・近隣都道府県など近い距離であればもう少し遅くても元日に届けられる。
・ギリギリでも元日に届けたい場合は速達か配送日指定で送る。
・年賀状は1月7日までに届くように送る。
・1月7日に間に合わない場合は年賀状ではなく寒中見舞いを。

年賀状はいつまで投函すると元旦に届くのか、
また、いつまでに届けば失礼にならないかについて紹介しました。

色々な方法を使えばまだもう少し期限に余裕ができます。

ですが確実ではなかったり追加料金がかかったりと
デメリットもあるので
「まだ大丈夫」と思わずに余裕をもって早めに準備しておきましょう。

住所間違いなどがあると、新年明けてから差し戻されたりして
ますます遅くなってしまうので
投函前に住所のチェックも忘れずに!

flagsector.info

-年賀状
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

関連記事はありませんでした

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。