毎日のお役立ち情報

毎日の生活でちょっと気になることを深掘り!

ひな祭り

初節句に雛人形は必要?中古の縁起と親のお下がりについて

投稿日:

こんにちは!

女の子のお子さんがいれば、
ひな祭りには雛人形を飾って特別な料理でお祝いする
ご家庭が多いですよね。

特にこれから女の子が産まれる予定の方や
今年初節句を迎える方にとっては
楽しみなイベントの一つではないでしょうか。

とはいえ、雛人形は決して安い買い物ではありません。

もちろん価格はピンキリですが
デパートや人形やさんでは数万円から数十万円くらいの雛人形が
ズラッと並んでいますよね。

経済的に苦しく余裕がない時にこの金額は大きいです。

初節句はお祝いしたいけど、雛人形はどうしようかな・・・と
悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

この記事では、

  • 初節句には雛人形がどうしても必要なものなのか?
  • 雛人形を飾らないと縁起が悪かったりバチが当たったりするのか?
  • 中古の雛人形を買ってもいいか?
  • 親のお下がりの雛人形を飾ってもいいか?

についてまとめています。

ひなまつりをお祝いしたいけど、
雛人形を購入する余裕がない・・・という方は
ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

初節句に雛人形は必要?

女の子が生まれると「雛人形買わなくちゃ!」なんて
思ったりもしますが、
どうしても必要なもの、ではありませんし
買わなかった、飾らなかったからといって
バチが当たるということもありません。

なので、経済的に苦しいときには
無理をしてまで購入する必要はないかと思います。

実際、私にも娘がいますが雛人形はありませんし
私自身も雛人形は持っていません。

ただ、子供の成長のお祝いとして贈るものですから
できればあったほうがいいというのも事実です。

幼稚園になると季節の行事としてひなまつりも必ずするので
お友達と雛人形の話題も出るでしょう。

「私には雛人形ないの?」と聞かれることもあるかもしれません。

雛人形は子供にとってわざわざおねだりするほど
欲しいものではないかもしれませんが、
「自分のお雛様」と愛着を持ったり
もう少し大きくなれば雛人形の意味も分かり
「両親や祖父母からの愛がこもった贈り物なんだ」と
嬉しく感じます。

なので、雛人形は
無理して購入する必要はないけど、
できれば買ってあげたほうがいい。

というのが私の考え方です。

今ではコンパクトで安い雛人形もたくさんありますし、
吊るし飾りやタペストリーにするというアイディアもあります。

また、初節句に合わせて購入する必要もないので
時期をずらして余裕ができたときに購入するのもいいですね。

雛人形の中古は縁起が悪い?

あまり余裕はないけど買ってあげたい・・・

そんなときに考え付くのが中古の雛人形ではないでしょうか。

中古のものは多少の傷に目をつぶれば
いいものを安く購入できるので
私も普段よく利用しています。

ですが、雛人形に関しては中古のものは避けたほうがいいでしょう。

雛人形や五月人形といった節句人形は
子供の代わりに厄を引き受けてくれる
いわば「身代わり」の役目があります。

前の持ち主(知らない人)の厄を受けた雛人形を購入するのは
とても縁起がいいとは言えません。

そして、昔から人形には魂が宿ると言われており
中古の人形には念がこもっているのではないか・・・
というところも心配です。

趣味のコレクションだったり、季節の飾り物として、であれば
(気になるときは)お祓いをしてもらい、モノに戻してから飾る
というのもアリですが
子供の縁起物として飾るならやはり
中古よりも新品がいいでしょう。


スポンサーリンク

雛人形は親のお下がりでもいい?

前の章では、雛人形は厄を代わりに受けてくれる身代わりだという
ことを書きました。

自分の分身となるものなので
原則としては一人ひとつ。

人からのお下がりは使わず、姉妹がいてもそれぞれに必要
ということはよく言われています。

ですが、現在の住宅事情を考えても
雛人形をいくつも飾るのは大変ですよね。

「節句人形はひとりにひとつ」というのは
人形やさんのセールストーク、という考え方もあり、
姉妹でひとつの雛人形を共有したり
自分のものを子供に使うという方も今では多いです。

地域によっては、親から子へ代々雛人形を受継ぐ、
というところもあります。

前の章で書いたように、全く知らない人のお下がり、
という訳でもなく自分を守ってきてくれたものですから
もしもキレイな状態で残っているのであれば
一代限りでお役目終了にしてしまうよりも
次の代に引き継ぐほうが雛人形も喜ぶかもしれません。

雛人形を諦める前にぜひ検討してみてくださいね!

スポンサーリンク

初節句に雛人形は必要? まとめ

・雛人形は必ず必要なものではないが、あったほうが喜ばれる。
・時期をずらして購入したり、吊るし飾りなどにするのがおすすめ。
・知らない人の厄を引き受けた中古の雛人形は縁起が悪い。
・雛人形は自分の身代わりなので基本的には一人ひとつ。
・自分の雛人形を子供に譲るのはOK。

初節句に雛人形がどうしても必要なのか、また、
用意するとしたら中古や親のお下がりでもいいのかどうかについて
紹介しました。

雛人形は高い買い物でもあり、
購入するとなると少し悩んでしまう方も多いですよね。

ですが、結局は気持ちの問題なので
初節句に合わせて無理して購入する必要もありませんし、
自分のものが使えそうならそのまま譲るのもOKです。

ぜひ素敵なひなまつりを過ごしてくださいね!

flagsector.info

-ひな祭り
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

雛人形は父方母方どっち?初節句や複数飾ることについて

こんにちは! 女の子のパパ・ママにとって初節句のひな祭りは重要ですよね! 特に雛人形はこれからずっと飾るものでもあり、 気軽に買える金額でもないので 色々と情報収集しながら慎重に選んでいるのではないで …

雛人形は結婚後も飾る?処分時期と一部だけ処分することについて

こんにちは! 結婚したタイミングや、結婚後しばらくたったときに 実家から 「アンタの雛人形、どうする?」 なんて聞かれることありますよね。 雛人形って子供が小さいうちは飾っておくけど 小学生・中学生く …

ひな祭りメニューの定番ちらし寿司はなぜ食べる?子供向けの具も紹介

こんにちは! 3月には桃の節句、ひな祭りがあります。 初節句じゃなくても女の子のお子さんがいると 雛人形を出したりひな祭りの特別なメニューを考えたりと ちょっとワクワクするイベントですよね♪ 「娘のた …

雛人形次女の初節句はどうする?共有できる?次女用のおすすめを紹介!

こんにちは! 3月にはひな祭りがあります。 女の子のお子さんがいる方は そろそろ雛人形をどうしようか考えている頃ではないでしょうか。 しかし、女の子の姉妹の場合 長女のときに立派な雛人形を購入していた …

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。