毎日のお役立ち情報

毎日の生活でちょっと気になることを深掘り!

桜・花見

東京の桜の名所で写真を撮るならここ!おすすめ10選を紹介

投稿日:

こんにちは!

春はお花見の季節♪
開花状況をチェックしながらソワソワしている方も
多いのではないでしょうか。

東京にも桜の名所はたくさんありますが
せっかくなら写真を撮りながら
のんびりお花見を楽しみたいですよね。

この記事では、東京の桜の名所の中でも
特に写真愛好家からの人気が高い撮影スポットを
10箇所ほどピックアップして紹介しています。

ぜひ参考にして春のカメラお散歩を満喫してくださいね♪

スポンサーリンク

東京の桜の名所で写真を撮るならここ!

カメラを持つと色々なものを撮りたくなります。

桜がキレイな時期は一瞬ですから
ただ眺めるだけではなく写真に残したいと思う方も多いでしょう。

東京の桜の名所の中から
特に写真栄えするスポットを選びました。

新宿御苑

新宿御苑の桜は「さくらの名所百選」にも選ばれており、
桜を撮るならぜひ一度は行っておきたいスポットの一つです。

ソメイヨシノをはじめとした約65種類の様々な桜が植えられており
それぞれで開花時期も違うので、
2月中旬頃から4月下旬頃までと
比較的長い期間桜を楽しめるのがポイントです。

自然の写真は天気との兼ね合いもあり
なかなか思い通りに撮れないこともありますが
新宿御苑の桜は見頃の時期が長いので
キレイな瞬間を撮るチャンスが多いのが嬉しいですね。

枝垂桜が特に人気でカメラを構えた方もたくさんいます。

日本庭園、イギリス式庭園、フランス式庭園の3種類の庭園や
重要文化財の旧洋館御休所があり、
新宿御苑の外には東京の高層ビル群・・・。
雰囲気の違う写真を撮れるのもいいですね。

広場もあるので小さなお子さんがいても楽しめるスポットです。

反面、新宿御苑は桜スポットの定番中の定番なので
桜の時期には観光客や外国の方、お花見の方などなどで
とても混雑します。

混雑を避けるにはソメイヨシノの開花時期を避けたり
曜日や時間帯を工夫する必要があります。

お花見で混雑はするものの、
アルコールの持ち込みは禁止されているので
酔って大騒ぎしている方もおらず穏やかな雰囲気です。

目黒川

目黒川の両岸には約800本のソメイヨシノが植えられています。

川にかかる桜並木は定番でありながらも
心打たれる美しい景色ですよね!

満開の時期が過ぎ、桜が散り始めると
花びらが川へと落ち、水面を覆って
桜の花びらのじゅうたんのようになります。

目黒川は水面の花びらが割と長く留まるため
満開の時期を逃しても美しい写真が撮れるのがポイントです。

一部の区間では夜のライトアップがあり夜桜も楽しめます。

写真を撮るなら橋から撮る桜のトンネルが人気。

ただ、ここも定番スポットなので
見頃の時期は混雑しますし、特に橋の上では
撮影の順番待ちが発生するほどの人ごみです。

三脚の使用は禁止されていませんが、
確実に邪魔になるのでハイシーズンは難しいでしょう。

ライトアップしてすぐの時間帯は人が多いので
夜桜を撮るならライトアップ後半の夜遅い時間がおすすめです。

国営昭和記念公園

昭和記念公園は桜の名所ながら人が少なく
穴場のスポットです。

広大な敷地に咲く1500本の桜はどれも美しく、
大木も多いので撮影スポットに悩むことなく
色々な場所で撮ることができます。

売店やトイレ、自販機など設備も充実しており
お天気のいい日の日中に写真を撮りながらのんびりお花見・・・には
もってこいの場所です。

お子さんが遊べる広場もあるので
子供連れの方にもおすすめです。

菜の花やアイスチューリップなど、桜以外の花もたくさん咲いており
カメラ一台で充分楽しめるのが嬉しいポイント♪

桜と他の花のコラボで色の組み合わせを楽しむのもいいですね。

六義園

六義園は大きなしだれ桜が見どころです。

他の桜スポットのように「たくさんの桜が咲き乱れる」というものではなく
主役の桜がドンッと構えている、という感じです。

樹齢70年の桜の巨木はまさに圧巻の一言。

メインのしだれ桜の側に咲く、第二の大しだれ桜も要チェックです。

ライトアップされた夜桜もとても素敵ですが、
やはり六義園の主役でもあるため
桜の周辺には人だかりができ、満開の時期には大混雑します。

混雑時、桜周辺では三脚・一脚の使用が禁止されているため
夜の手持ち撮影に苦労する方も多いようですね。

混雑を避けるなら昼間かライトアップ終了間際がおすすめです。

六義園は名勝に指定された大名庭園で
秋には紅葉のライトアップも人気です。

四季折々の美しい自然を撮ることができる素晴らしい庭園なので
桜の時期を逃してもぜひ一度行ってみてくださいね♪

上野恩賜公園

動物園や博物館があることでおなじみの上野恩賜公園も
桜の撮影スポットとして人気です。

名所100選に選ばれたことでも有名ですね。

園内には1200本の桜があり、
夜にはライトアップされた夜桜を楽しむことができます。


スポンサーリンク

神田川

神田川沿いには約2kmほど続く桜並木があります。

川へ向かって枝が伸びて桜のトンネルができるため
面影橋からの撮影が人気です。

都電と桜のコラボレーションを撮ることができるのも
このスポットのポイント。

夜にはライトアップされた夜桜も楽しめます。

神田川沿いにある「ホテル椿山荘」も
桜の名所として知られており、ここでの撮影もおススメです。
夜のライトアップもありますよ♪

善福寺川

善福寺川沿いには全長4.2kmに渡って
約1000本の桜が植えられています。

駅から少し離れているため人が少なく、
静かに楽しめるのがポイント。

特に尾崎橋からの撮影が人気です。

善福寺川緑地公園はお花見スポットにもなっているので
撮影ついでにゆっくりお花見を楽しむのもいいですね♪

染井霊園

駒込の一部の地域は昔「染井」と呼ばれていました。

そう、桜の中でも代表的な品種である
「ソメイヨシノ」の発祥の地です。

大きく場所を取ってお花見をしている人や
酔って大騒ぎしている人がいないのは
霊園ならではなメリットですよね。

墓地と桜、という一見不思議な組み合わせですが、
「桜の下で眠る」ということを連想させる
感動的な写真を撮ることもできます。

管理所前の桜は夜のライトアップもあります。

染井霊園には著名人のお墓も多数あるので
撮影後にお墓参りをしていくのもいいですね。

千鳥ヶ淵

千鳥ヶ淵沿いには全長700mほどの遊歩道があり、
250本の桜があります。

日中はボートと一緒に、夜はライトアップされた夜桜、と
一日中シャッターチャンスがあり、
違った雰囲気の写真が撮れるのがポイント。

朝の光が差し込む早朝の撮影が人気です。

東京タワーと一緒に撮ることもでき、
三脚の使用も許可されています。

ただし、東京タワーが見える場所は人気の撮影スポットなので、
人も多く、撮影の順番待ちが発生します。

待ち時間は短いですが、一人当たりの撮影時間が限られており
ゆっくり撮れないのがネックです。

なお、ボート乗り場付近など一部の場所では
三脚の使用が禁止されている
ので
注意してくださいね!

石神井川

板橋十景にも選ばれた名所で約1000本の桜があります。

マスコミ等の露出が少ないため、
名所でありながらも人が少ない穴場的なスポットです。

静かな住宅街を散策しながら
のんびり撮影を楽しみたい方にオススメ。

スポンサーリンク

東京の桜の名所で写真を撮るなら? まとめ

・川沿いの桜を橋から撮るのが人気。
・三脚使用禁止の場所に注意。
・駅から遠い場所は人も少なく、ゆっくり撮影できる。
・人気スポットは撮影の順番待ちが発生することも。

東京の桜の名所の中でも
写真を撮るのにオススメの場所を紹介しました。

人気スポットは撮影の時間があまり取れなかったり、
そのためになかなか思うような写真が撮れないこともあります。

桜の時期は一瞬ですから
まずはゆっくり撮影が楽しめる穴場スポットで
挑戦してみるのがいいかもしれません。

ぜひ素敵な一枚を残してくださいね!

flagsector.info

-桜・花見
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

関連記事はありませんでした

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。