毎日のお役立ち情報

毎日の生活でちょっと気になることを深掘り!

レジャー

スキーウェアとスノーボードウェアの違いとは?兼用できる?

投稿日:

スキーウェアとスノーボードウェアの違い

 

こんにちは!

 

スキーやスノーボードといったウィンタースポーツをするときに欠かせないのがウェアですよね。

今年は挑戦してみようかな、とは思いつつも種類の多さに迷うこともあるでしょう。

 

スキーをしたいのに、気に入ったデザインのウェアがスノーボードウェアだった・・・とか、その逆のケースもあります。

スキー、スノーボードの区別なく、好きなウェアでどっちもできたらいいですよね!

 

この記事では、スキーウェアとスノーボードウェアの違いや兼用できるかどうかについてまとめました。

ウェアを購入しようと思っている方の参考になれば嬉しいです♪

 

関連記事

 

スポンサーリンク

スキーウェアとスノーボードウェアの違い

スキーウェアとスノーボードウェアの違い

 

スキーウェアとスノーボードウェア、一緒にお店に並んでいると
「・・・どう違うの?」
と思いますよね。

 

スキーウェアとスノーボードウェアは構造的にはそこまで大きな違いはありません。

昔は、

スキーウェア → スポーツを意識したシンプルなデザイン
スノボウェア → 遊びを意識したオシャレなデザイン

というイメージでしたが、今ではそうでもないですよね。

 

では、スキーウェアとスノーボードウェアのそれぞれの特徴を見ていきましょう。

 

スキーウェアの特徴

スキーウェアの一番の特徴がエッジガードです。

エッジガードは、スキー板の端にある金属部分(エッジ)でパンツの裾を切らないようにするための補強用の布や板のこと。

スキーウェアのパンツには足首の内側部分にこのエッジガードがついています。

 

ただ、スキーの滑り方も徐々に変わってきていて、現在の滑り方をするならエッジで裾を切るということもあまりありません。

それに、スパッと切れるというより、傷がつくという程度です。

なので、最近ではエッジガードがついていないスキーウェアも販売されています。

 

スノーボードウェアの特徴

スノーボードはスキーに比べて上半身の動きが大きいです。

そのため、スノーボードウェアはスキーウェアよりもややゆったりしているのが特徴。

 

エッジガードはついていないか、ついていても足首の後ろ側です。

スキーウェアとは場所が違いますね。

 

スノーボードでは雪の上に座ったり寝転んだりする機会が多いです。

そのため、下半身の防水性能が高く作られていたり、雪が入り込まないように「パウダーガード」というものがついていたりします。

その他、ファスナーを開けて通気性を良くする機能がついているものもあります。


スポンサーリンク

スキーウェアとスノーボードウェアは兼用できる?

スキーウェアとスノーボードウェアは兼用できる?

 

スキーウェアとスノーボードウェア、見た目はそっくりですよね。

「スキーをしたいけど、気に入ったデザインのものはスノーボードウェアだった・・・」とか
「スキーもスノーボードもするけど、ウェアは両方必要なのかな?」
と悩む方は多いです。

気に入ったデザインのウェアでスキーもスノーボードも両方できたら嬉しいですよね!

 

結論から言うと、スキーウェアとスノーボードウェアでは構造的に大きな違いはないので兼用が可能です。

もちろん「適材適所」という言葉もありますし、専用のものを用意するに越したことはありません。

ですが年に数回、レジャーとして楽しむ程度ならどちらか一着で充分でしょう。

 

実際、スノーボードウェアでスキーをしたり、スキーウェアでスノーボードをする人も結構います。

他人のウェアをじっくり見る人もあまりいませんし、板とウェアが合っていなくても案外気づかれないようですよ♪

 

スノーボードウェアでスキーをする場合、上にも書いたとおりエッジガードがついていないので、裾が傷んでしまうことがあります。

気になる方は、パンツだけスキー用のものを買い足すと安心ですね。

 

最近ではスキーウェアとスノーボードウェアの境界が曖昧になり、特に区別せず両方に対応したウェアが販売されていたりもします。

あまり気にせず、ぜひ気に入ったデザインのウェアを選んでくださいね!

 

スポンサーリンク

スキーウェアとスノーボードウェアの違い まとめ

・スキーウェアとスノーボードウェアに大きな違いはない。
・スキーウェアにはエッジで裾を切らないための「エッジガード」がついている。
・スノーボードウェアはスキーウェアに比べてややゆったりめ。
・スノーボードでは雪の上に座ったりするため防水性能が高く、パウダーガードがついている。
・スキーウェアとスノーボードウェアは兼用が可能。
・最近はスキーとスノーボードを区別せず、兼用できるウェアが販売されている。

 

スキーウェアとスノーボードの違いについて紹介しました。

 

ウェアを買いに行ったときにスキー用とスノーボード用ではっきり分かれているとやっぱり専用のものを選ばないといけない気がしてきますよね。

ですが、実際それほど大きな違いがあるわけではないのでレジャーとして楽しむ程度ならデザインで決めてしまっても大丈夫です。

人のウェアまで見ないですしね^^;

 

ぜひ気に入ったデザインのウェアでスキーやスノーボードを楽しんでくださいね♪

 

※ ウェアは意外と汚れます。滑った後は正しく洗濯を!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

 

 

flagsector.info

-レジャー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

バーベキューの持ち物リストとあると便利なもの、食材の量を紹介!

こんにちは! 夏はバーベキューの季節ですね! アウトドア好きなら季節問わずに行うBBQですが、 この時期になると特別「アウトドア好き」ではなくとも お誘いを受けたり、時には主催することもあるのではない …

紅葉の仕組みとは?赤と黄の違いと鮮やかに色づく条件

  こんにちは!   秋は紅葉がキレイな季節です。 赤や黄色、オレンジなど色とりどりに色づいた紅葉を見ると心が洗われるようですね♪   秋の風物詩ともいえる紅葉ですが、そ …

日焼け止めの選び方

日焼け止めの選び方 SPFやPAの意味と値段の違いについて解説!

こんにちは! 気候がよくなり、日差しが強くなってくると お店には様々な種類の日焼け止めが並ぶようになります。 あー。日焼け止め買わなきゃな~。 と売り場に向かうも、ズラッと並ぶ日焼け止めの数々に 混乱 …

紫外線アレルギーの症状と原因

紫外線アレルギーの症状と原因 検査について徹底解説!

こんにちは! 外を散歩したとき、少ししか日光を浴びていないのに 肌が赤くなったりかゆくなったりしたことはありませんか? 普通の人ならなんともないような紫外線でそのような状態になるなら もしかすると「紫 …

日焼け止めの塗り方のコツ

日焼け止めの塗り方のコツで量の目安や順番を徹底解説!

こんにちは! 紫外線は肌へのダメージも大きく、 特に日差しの強い夏は無防備で過ごしていると 将来のシミやしわが心配ですよね。 将来の肌のためにも日焼け止めを塗らなきゃ! ・・・とは思いつつも、今まで日 …

プロフィール

このサイトを運営しているヒエンです。

山形に住んでいる主婦で2児の母です。
趣味は読書・ゲーム・ものづくりなどなど。
子供たちと一緒に工作をするのも好きです♪

毎日の生活で疑問に思ったことや、
育児の経験から役立ちそうな知識・アイディアなどを 発信していきます!
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。